Splice Sounds レビュー ~詳細なメリット・デメリット解説~

  • 2020年2月19日
  • 2020年9月2日
  • EDM
EDM splice_logo
spliceとは、月々定額の料金を払ってクレジットを購入し、それを使ってサンプル素材・ソフトシンセのプリセット・MIDIデータをダウンロードできるサービスです。

以前であればパック単位でしか売買されていませんでしたが、こちらは1音単位で調達可能というわけです。総数が膨大なので、うまく利用すればネタ不足に困ることがなくなるでしょう。

ダウンロードしたサンプル・プリセットはsplice上のアカウントにストックされていき、ネットにつながる環境であればどこからでも使用することができます。またサブスクリプションを休止しても、このクラウドサービスは継続して利用可能です。

この記事では

  • Splice のサービス利用料
  • Splice のメリット・デメリット
  • Splice ユーザーの口コミ・評価
  • Splice のサンプルネタを活用して作られた曲
  • 結論

の順にご説明いたします。

参考:Splice Sounds の使い方を詳しく解説します(休止・解約方法も!)

Splice のサービス利用料

splice のサービス利用料は以下のようになっています。

月払い(日本円は現在レートで自動換算)

【クレジット】【月額(USドル)】【月額(日本円)】
100 credit7.99USドル約 877 円
300 credit13.99USドル約 1,536 円
600 credit 21.99USドル約 2,414 円
1000 credit 29.99 USドル 約 3,292 円
それぞれ年払いも可能。その場合2か月分無料となり、10か月分の支払いだけでOKです。なお、Splice には最初に14日限定の無料お試し期間がついてきます。14日以内にサービス利用を休止・解約すれば課金されません。

サービスに必要なクレジット数

【サンプル】 【プリセット】 【MIDI】
1クレジット消費0 or 3クレジット消費3クレジット消費

Spliceのメリット・デメリット

私が実際にSpliceを使ってみて気が付いたメリット・デメリット・その他のポイントについてご説明いたします。

メリット

必要な音だけをピックアップできる

Spliceを使う目的の1つがこれだと思います。既存のサンプルパック販売だと、必要でもない音もまるっとひっくるめて1タイトル購入しないといけなかったのが、Spliceでは必要とする音だけを購入できるので、ユーザーとしてはとてもありがたいサービスといえるでしょう。

サンプル総数が200万以上

サンプルの総数がひじょうに多いので、マニアックなサンプルネタでない限りはネタが尽きることはないでしょう。Spliceはインスピレーションの宝庫といえます。

自分で作れない音素材が調達できる

「ソフトシンセで作るのがむつかしい」「ロンプラーでもネタ数が多くない」「打ち込みでライブフィールが出せない」など、自前で作るのがむつかしい音を調達するのにSpliceは役立ちます。例えば

  • ボーカル/ラップ系素材
  • 生ギター素材
  • 生サックス等のブラス系素材
  • EDMのファットスタッブ系素材
  • 生フルート等のウィンド系素材 

など、これらのサンプルは曲の雰囲気をオーガニックにしてくれるので、隙あらばどの楽曲にも投入したい要素だといえるでしょう。

プリセット / MIDIデータの購入もできる

Spliceでは、クレジットを使ってソフトシンセのプリセットないしはMIDIデータも購入することができます。こちらもサンプル素材と合わせて活用すればひじょうに強い武器になるでしょう。プリセットは現在「Serum」「Sylenth1」「Massive」「Spire」のみ取り扱いがあります。なお、耳コピの得意な方はMIDIデータを購入する意義はあまりないかもしれません。

自分の保有するサンプルの検索・管理もできる

自分が過去に購入したサンプルパックや、作りためたサンプルネタを、splice 上で検索・管理できる機能です。一音一音聞いてフォルダ分け等するのはとても骨が折れるので、放置していることも多いかもしれません。この機能を使えば、そういった埋もれてしまった遊休資産を活用することができます。もちろんクレジットを消費することもありません。

300クレジットのサブスクリプションで利用できる機能です。

デメリット

サンプルネタのクオリティがまちまち 

沢山あるサンプルも、曲中で本当に使えるかどうかはDAWに貼って確認しないとわからない部分があります。いくつも試しているうちに、かなりのクレジットを無駄打ちで浪費してしまうこともあります。私の経験上、サンプルネタが曲中でばっちりはまる確率は、あまり高くないということはあらかじめ認識しておいたほうがいいかもしれません。

また、使いやすさを配慮してあるサンプルと、そうでないものがあり、注意が必要です。特に

  • 和音
  • 複数パートが混ざっているもの
  • エフェクトが強すぎるもの

は要注意です。使い道と加工の余地が少ないのでこういったサンプルは避けるのが無難といえます。

サービス利用中のクレジット上乗せ

サブスクリプションは2か月限定で一時休止が可能ですが、その間、クレジットが未消化で残っていたとしてもサービスを利用できなくなります。

休止をやめて復帰すれば再度残りのクレジットを使えるわけですが、その場合また月額利用料の発生とクレジットの上積みが進んでしまいます。このようにSpliceは、自分のペースでクレジットを消化するのがむつかしい仕様のサービスになっていることに注意が必要です。

ポップス/クラブミュージック向けサービスの意味合いが強い

これは厳密にはデメリットといえるかどうかはわかりませんが、サンプルを多用するジャンル向けのサービスという意味合いが強いです。もともと既存のサンプルパック自体が EDM・Hiphop / R&B向けに作られているので、やむをえないとはいえますが。

その他のポイント

クレジット・ペイパル決済のみ

splice の月額利用料の支払いは、クレジット・ペイパルのみになります。米ドルでの支払いになります。

サンプルの再販はNG

サンプルネタは、一切加工せずに素の状態で販売することは、契約上禁じられています。Spliceのサンプルは商用であったとしてもロイヤルティ支払い無しで自由に使用できますが、それは制作中の自分の音楽コンテンツの中で使うのであれば、という条件の話です。

スポンサーリンク

ユーザーの口コミ・評価

国内のユーザー・海外のユーザーの口コミ・評価の一部をご紹介いたします。おおむね良好ですが、ダメだしも散見されます。

国内ユーザーの口コミ

海外ユーザーの口コミ

I think for any use, a Splice account is definitely worth having. Whether you already have a sample library you love and want to stick to, looking to grow your library, another place to upload, or even just somewhere to learn, Splice is the place for you. It has so many opportunities for you to explore and grow your own craft, that there is no reason for you to pass it up.

私が思うに、どんな利用目的であれSpliceのアカウントは絶対にもっておいたほうがいいですね。すでに自分の好きなサンプルパックを持っていたとしても、そしてそれに愛着を持っていたとしても、どんどん自分の手持ちのライブラリーが増えて、データをアップする場所が確保できて、さらには(音楽を)学ぶことさえできる。Spliceはあなたにとってそんな場所なんです。自身の作品を作りこみ探求する、そういったたくさんの機会をあなたにもたらすでしょう。だからSpliceを無視する理由なんてどこにもありません。

https://audioassemble.com/splice-sounds-review/
I have used it for a little over a year and have over 1000 credits on my account… lol. Still worth it for legit high quality samples without having to buy whole packs.

「一年と少し使ってきて、1000以上のクレジットがアカウントにまだ残っています(笑)。とはいえサンプルパックまるごと購入することなしに、高品位のサンプルを調達する際には、利用する価値があるよ。」

https://www.reddit.com/r/edmproduction/comments/5vqa4v/is_splice_worth_it/
It’s 10.99 for me just for the base sample service and another for 10er for Serum a month. So worth it. The fact that I can look up samples by loop/shot/tempo/key and tags is amazing, plus presets and there is even some MIDI files from deadmau5 on there that are pretty neato for study.

「基本となるサンプルサービスに毎月10.99ドル、そしてもう10ドルをSerumに払っています。使う価値があるサービスといえるね。「loop/shot/tempo/key」とタグでサンプルを探せるのは素晴らしいよ。加えてプリセット、そしてDeadmau5のMIDIファイルまでもあるし、これらは(音楽の作り方を)学ぶのにとって素晴らしいことだよ。」

https://www.reddit.com/r/edmproduction/comments/5vqa4v/is_splice_worth_it/
It’s a good idea but it has some flaws to me. Personally I hate the forced subscription model. right now I have a few 100 credits but I can’t use them without renewing my subscription. I’d much rather just be able to purchase credits as I please, because the only kits I really cared enough about to purchase are popular artist kits like the KRNE, Medasin, and sounds of KSHMR. I will say it is one of the better services out there for producers.

「いいアイデアだと思うけど、僕にとっていくつか欠点があるんだ。個人的にあのサブスクリプション強制モデルが嫌いだね。今では200~300のクレジットを保有しているけど、それはサブスクリプションを更新しないと使えないんだ。そんなのより自分の望むタイミングでクレジットを購入出来たらいいのにと思う。だって、僕が本当に気になるのは、「KRNE」「Medasin」それか「KSHMR」みたいなポピュラーなアーティストのキットだからなんだ。spliceはプロデューサーにとってましなサービスのうちの一つという程度だと思うよ。」

https://www.reddit.com/r/edmproduction/comments/5vqa4v/is_splice_worth_it/

Spliceを活用して作られたトラックの例

「FEEL」KENDRICK LAMAR

FEEL.

バッキングの pad/vocal のサンプルが、loopmastersの「Organic Future Hip Hop 」のネタを使用しています。


「Techno Prank」Dubdogz

Dubdogz – Techno Prank (Official Video)

サックスのリフと「So do you know anything about techno…」のボイスは Splice から調達したとのことです。以下の動画の10:15~で本人たち自ら説明しています。

HUB Masterclass: "Techno Prank" com Dubdogz

結論

音楽制作をする人にとって、Splice はおすすめできるサービスであるといえます。ただし、デメリットにも記載しました通り、サンプルサービスを使っている限り、毎月サブスクリプションを払い、そのつど100クレジット上乗せが強制的に進む仕様になっている点に注意が必要です。Splice には最初に14日限定の無料お試し期間がついてきますので、この期間中にどのサブスクのコースにするかよく吟味しましょう。

クレジットが余ってしまった場合、残りをプリセットやMIDIデータ購入に充てる、一時休止を適宜はさみつつ無駄な上乗せを防ぐなど、賢くSplice を活用する必要があります。

最後に、このリンクから splice にアクセスしてサービス利用を開始された場合(私のご紹介という形になります)、追加で100クレジットが無料で付与されるとのことなので、ご興味をお持ちの方はここからぜひ splice を覗いてみてください。